・お酒を呑みながら語を話す

ある英会話カフェが新年会を催すという情報をキャッチしたので参加してきました。実は東京の英会話カフェって定期的にパーティをやっているのよね。老舗の英会話カフェで渋谷とか横浜とか飯田橋とかにあるあの大手のカフェはたしか2週間に1回ペースでパーティをしてるしね。

あと高田馬場にある昔からある英会話カフェも結構な頻度でパーティを開催しているとの情報をキャッチ。

英会話のパーティは何度か出席したことがあるのですが正直不安でいっぱいでした。以前に仕事先の方から紹介されて外国人の異業種交流会に参加したことがあるんだけどあの雰囲気ってのがどうしても慣れないのよ。

なんていうんだろう・・・

大きな部屋にたくさんの人がお酒片手に持ってそれぞれが談義しているって感じのパーティね。知り合いの1人でもいればそれなりに心強くなって頑張る気持ちもわいてくるんだけど、あの大きなスペースに

ハイ!どうぞ!

って投げ込まれちゃうと動けなくなっちゃうのよ。シャイだからね。そんな経験から自分の知らなかった一面を見たので今回は同じ間違いをしないように綿密に計画を練ってみた。

英会話カフェで楽しむ計画

・友達を誘う

・テンションアゲアゲで行く

 計画ってのはシンプルであればその方がいいわけね。単純なほど効果があるってこと。というわけでまず、友達を誘う!からスタート。

「パーティあるんだけど行かない?」

「へ―何のパーティ?」

「英会話カフェのパーティなんだけど」

アーそうなんだぁ。残念その日用事あるわ夕方から~」

おけ。次。

「パーティあるんだけど行かない?」

「おもしろうだね」

「英会話カフェのパーティなんだけど」

頑張ってね―

返しおかしくねーか?はい、次。

「パーティあるんだけど行かない?」

「へ―何のパーティ?」

「英会話カフェのパーティなんだけど」

おっいいですね♪行きましょう!

 よし!これで単独行動は無くなった。次はテンションアゲアゲ。これは簡単。当日少し早めに合ってお酒呑んでから行くってことでクリア!!

と言うわけで夕方時に串揚げ屋で乾杯

f:id:soudancorner:20170130183752j:plain

大阪の串揚げってやつかな?ソース二度付け禁止ってところね。最近よく串揚げ食べてる気がする。串揚げ食べてるとダラダラを注文し続けてしまいにはホッピーの中だ!ソトだ!ってなってしまいカフェに行かなくなりそうなので注意。

そんなわけでガツってハラ溜まりの良いもん食べちゃいましょう。

f:id:soudancorner:20170130184544j:plain

 串揚げ屋なのに串揚げは1本も頼まず、ガーリックバリっときいたフライドポテトに天かすががっつりのっかった焼きそば!

これはハラ溜まりがいいぞ!てかカロリーが心配になってきた。
とりあえず男子2人でスタートしたプレパーティータイム!

声掛けだけは結構していたのですが当日、何人か駆けつけてきたので結構な大所帯になってしまいました。結果的に人。

なんだか呑み会が楽しくなってきてしまった。本来の目的である英会話カフェの新年会がかすんでしまいそう。。。ご機嫌で呑む呑む。こんな感じでw

f:id:soudancorner:20170131171750j:plain

やっべ! ハシが転んでも面白いとはこのことか!ってくらいテンション上がってきた。

なんか英会話カフェとかどうでもよくなってきたぞ!

とか思ってたら

「そろそろ行きません?すでに30分遅刻だし」

あらま、楽しい時間はふっとぶの早いね。すでに遅刻してるんだわたしたちは。。

と言うことで大名行列には程遠いけどかなりの人数でのりこんでやるぜ!

若干の坂がシンドイがそれもまた心地よい運動と考えれば悪くない。ほろ酔いでこの辺うろつくことが無いのでいろんなものが見えておもしろい。

f:id:soudancorner:20170131172047j:plain

おいおい、どんなバーなんだ?傷ついたダンサーが集まるバーって???

興味津々だぞ!

きっとディズニーのショ―で踊ってたダンサーとかロボレスで踊ってたダンサーとか六本木のバチャータクラブの常連さんとかそういうのがたくさん来るんだろうね。いきたーい!

また今度ね★

そして坂を登り切った辺りで到着しました!新年会会場に!

受付は外国人の先生、そこで名前とお金を払って中に入るんだけど、スペースがそんなに大きくないのでアットホーム感マンテンだね。受付に時間がかかってしまったがみんな無事に受付済ませてビールもらってとりあえず乾杯!

いーねー、すでにデキ上がってるので何とも言えないテンションで入ることが出来たよ。人数は30人弱とかもうちょっとくらいかな?

多すぎず少なすぎずって感じですっごくイイ感じね。テーブルが用意してあって先生と思われる外国人と日本人が座ってなんか話し合いをしてる。聞き耳立ててみるとまぁ当たり前だけど英語はなししてた。

今日は呑んでるからね。少しお脳の活動も活発化してるから時間かけずに英語脳にスイッチ出来る気がする!

HI!!

うーんスムーズですな。でもって外国人の方から

「gヴぇばにおmかsdvcds:c。あsd:」fc:」dsv。wf」

あれれ?

何言ってるか全然頭に入ってこないぞ?? 呑み過ぎたようだ。適度なアルコールならまだしも結果的に1時間半ほど串揚げ屋で呑んでしまったのがいけなかったようだ。。

マジかよ・・・・・

こりゃ難儀するぜ。ってことであんまり会話はスムーズにならなかったんだけど雰囲気がすごくいい感じだったんで面白く過ごせた。

パーティなので音楽が掛かってるんだけどちょっと自分好きなのが掛かってた。


*NSYNC – Bye Bye Bye

悪く無いねぇ。インシンクね。英語でかくのめんどいからカタカナね。この人たちってまだ活躍してるのかな?たしか90sくらいだよね???

バックストリートボーイズとかとおなじくらいじゃないかな。個人的にはオフスプリングとかボンジョビやガンズあたりがビンゴなんだけどパーティとかの場合、こういうバンドの曲はいーねー、のるというかリラックス出来ちゃうね。

そんな時、ホストから食事もらった。

パーティの食事ってあんまり期待していないので先に食べてきたってのもあるんだけど少し小腹空いてきたんでありがたく頂戴する。

なんとお雑煮ですわ

こりゃいーねー。割り箸もらってお雑煮を食べる。でもなんか違う・・・・

酸っぱい!

なんで?????

と思ったらばなんとですね、ホストさんがミリンと間違えてお酢を入れちゃったんだって。面白い間違いをするなと思ったけどそんなのもこういうパーティーの楽しみかただよねぇ。

なんだかんだで3時間くらいいたんじゃあないかな??午後11時くらいまでワイワイしてたからね。

このままでは尽きないなって思ったし終電もある手前、帰ってきた。

雰囲気をもう少し説明すると、男女はだいたい同数くらいだったと思う。あと先生と生徒っていうのかな。先生と参加者は先生1に対して生徒2まで行かないくらいだったと思う。

ハーフの先生が結構おおくて話の内容によっては英語だけじゃなくて日本語になったりかなりフレキシブルに言語が変わってた。普段はそんなこと無いんだと思うけど面白かったよ。

日本語もある程度はなせる人たちが多いみたいで日本語のが通じやすいと思えば日本語になってたりした。

たとえば、

ラーメン

とか

ヤキニク

とか

めんどくさい

とかね。英語で話をしてるときにたまに先生が

メンドクサイネ

っていうから噴き出しそうになるんだよ。長い短いはともかくとして日本に住んでいる外国人先生たちだからつい使ってしまいそうな便利な日本語とかがあるんだろうね?

でしょ?

なんてのもわりと聞こえたかな。うーん全体的に前に経験したようなツンケンした感じというか疎外感が無いな。

外国人パーティといっても多種多様なんだろうね。オレが狭量なだけだったのね。今度からはもっと広い視野で物事を見るようにするよ。

時間が過ぎてからホストさんの1人と話す時間があったんでトークしたんだけど、結構考えられたしきりだってことが分かったのも面白かった。

呑んでたんで日本語で話をしてたんだけども、快く応じてくれてね。サンクス!

「えっとですね、実は外国の立ってお酒のむパーティをそのまま日本に持ってきてもダメなんですよ。習慣の違いというか文化の違いとかがあると思うんですけど、盛り上がらないんです。」

「あー、わかるわかるぅ~~。だって前に外国人異業種交流会がそんな感じだったけど、後は好きにして―みたいな感じでキツかった」

「でしょ?僕はそういうほうが楽にはなしかけられるから逆に好きなんですけどね。でも日本の方は和尚。さんみたいに言う方が多いんですよ。だから今日もホントはスタンディングにしたかったけどしなかったんです。」

「そーなんだぁ。確かにテーブルとかあってみんな座ってたよね。オレらも座ってたし。」

「そうですよね。あれっていつものチャットテーブルと同じなんです。うちはビギナーとレギュラーにわかれていたりするのでそのままにしてお客さんが緊張しないようにしました。ほとんどの方がレッスン生かチャットのお客さんですからね」

 「なーるほど、いつもと同じなら緊張しないもんね。ウマいね。てか日本語もウマいね。」

「僕ハーフなんで家では日本語で話をするように言われてたので、でもうれしいですね言われると。」

「そうなんだぁ。羨ましいねーちなみにどれくらいの言語話せるの?」

 「英語とスペイン語と日本語です。いまは日本が長くなってきたのでちょうど三等分って感じです。母国語がスペイン語なんで昔はスペイン語が楽でしたけど最近は日本語も楽になってきました」

「素晴らしいねー!!ではこんな素敵な出会いにカンパーイ」

「せっかくなんでスペイン語で」

Salud!!

Salud!!

たぶん20代だと思うけどすごくしっかりしてるし理論だって話をする方が多くてみんな聡明よ。お客さんも海外に住んでました!って方もいれば、大学生で卒業する前に語学留学したいのでまず英語勉強したいからカフェに来てますって子まで様々。

呑んで調子よくしてから乗り込むとか言ってた自分がほんと恥ずかしくなってきたよ。

若い先生とかが多いように感じたのでオジサンには難しいかな?なんて考えてたけどむしろ恥ずかしかったわ。

 そんなところは大事じゃねーだろって笑われそうで言えませんでした。

そうそう、先生たちと少しだけどはなしが出来たんで覚えてるうちに書いておこう。この英会話カフェってかなりいろんな国の先生が来てるみたいなんだよね。たぶん、登録制だとは思うので普段のチャットなんかでは会えない人もいるかもしれないけどww

たしかオレが話したのは~~たしか

アメリカのカリフォルニアからきた先生

アメリカのジョージアからきた先生

アメリカからきた先生

イギリスのロンドンから来た先生

フランスから来た先生

ドイツから来た先生

チリから来た先生

イタリアから来た先生

あともう1人いたような気がしたんだけど忘れちゃったな。。。

前に同じような英会話カフェのチャットテーブルに顔出したことがあるんだけどそこよりも良かったなぁ。あんまり悪口を書きたくないんだけどそっちはね、その国のアクセントが結構強い先生が多くてね。

英語がペラペラの人に言わせるといろんな国のアクセントを経験したほうがより勉強になるって教えてくれたんだけどさ、それってそこそこヒアリングが出来た場合でしょ?って感じるのね。

だって日本語が母国語のオレにとって関西弁も広島弁も福島弁もそんなに苦労はしなくても理解出来るもん。ガッチガチの沖縄弁とか青森弁は何言ってるかわかんないけど。。。

それって日本語が母国語であそびっていうか揺らぎがあっても本質を理解できるから理解出来るってことだと思うんだよね。だけどオレの英語にはそれが無い。単語量も少ないし小技の効いた表現でジョーク言われてもわからんしいまだに、

how come

って言われると何を質問されているのか分からなくなって固まるからね。だから出来るだけアクセントが自然な先生と接していたいんだよね。安い金額でわがままなのかもしれないけどそういう努力は出来るもんね。

比較するわけじゃあないけどココの先生は自分がわかる範囲で取っても発音がキレい。

本日のこの文章もまぁ呑みながら書いてるんだけども、呑み会のことを思い出しながら酒を呑むってなんかすごく変な気分だよ。

本日のメインテーマはこれが一番しっくりとした


Earth, Wind & Fire – Let’s Groove

 

そうだ、思い出したぞ!たしかこの英会話カフェって2月になったらそれまでのレッスンから新しいレッスンにチェンジするって言ってたんだ。それが面白そうなんで詳しい話を聞きに行くって思ってたんだわ。あぶねー。これこそまさに忘れていけないことだった。