お店の中身を変えながら頑張っていきましょうということになったのですがどうにもコンセプトが決まり切らずに参ってました。どちらかというと先行していたのは居抜きのお店があるということでコンセプトは後から追加していくような流れだったんですよ。

とはいえしっかりとしたコンセプトもあるんですがそれはまだオープンにできないので来月まで待たないとなんですよ。さてそんなわけで困っていたんですがそんな折に、友人のマッサージ師と久しぶりに呑んでいたらなんとお面白い流れになってきてね。彼女はベンチャーから始まってあっという間に大きくなった会社の立ち上げスタッフなんだけど、10年だったかなを節目に常勤をやめたのね。

それで新しくマッサージをする人として独立を考えていたらしくアイデアとかビジネスモデルを持っていたわけ。俺なんかよりよっぽどしっかりしてるプランだったので聞いているうちにこちらが引き込まれてしまったのね。彼女は確信をいきなり言うことがあるので酒を呑みながら話を聞いてたら突然、

「ねえ、バーの内装だけどタタミにしない?」

って言われてね。なんのこっちゃかさっぱりわからなかったのよ。だってBARだよ?

なんでタタミなの?って思ったんだけどじわじわと沁みてきてね。終いには

う~ん、それ面白いね。やろうよ!

ってなったのさ。彼女になぜタタミなのかきいてみたらさ

「タタミだったら私が間借りしてマッサージしようかなって思ってね♪」

だってさ。なんだかなぁ。しっかりビジネスかよって思ったけどまァそれも悪くないよね。アイデアとしては面白いし。
そんなわけでバーのコンセプトが決まったのね。

BARなんだけどタタミがあるってなんとなく違和感はあるから面白いけどいざ、畳をそろえてみると結構、問題が発生してそれはまた大変なんだよね。ちょうど良いサイズのタタミが無かったり、そもそもちゃんとしたタタミってすごく値段が高くてね。予算的に難しい。そこでデザインタタミっていうフローリングに敷くタイプのタタミがあるのよ。お手頃価格でね。それを使うことにした。

でもってちゃぶ台もほしかったんだけど丸くて大きなのはとっても高くて驚いた。10万円とか平気で超えるからね。中には30万円なんて驚きの価格のちゃぶ台なんかもあるんだわ。ちゃぶ台にそこまでのお金はかけられないしね。

でもってタタミが到着した後、お店の中にある既存のテーブルとか椅子とかを片付けていざタタミを敷いてみるとこれが結構いい具合なのさ。設定するのに時間がかかってその日は友人と3人で泊まることになってしまったのさ。

あくる日、朝起きてみると町全体が騒がしくてね。何だろうと思ったらお祭りだったみたい。

朝から焼き鳥のにおいとか立ち込めてるし、居酒屋なんかも総じてオープンしてるし明らかに何かが起こっているとは思っていたけどお祭りに遭遇できるとはラッキーだったよ。

大きな太鼓がドカドカいってるのはいいねー。太鼓乱舞を横目にサイゼリアで定番のチキングリル食べて帰ってきたよ。

まぁそんなのも楽しいもんだけどね。そんなわけでブログを書いてる時の曲はこれ鉄板だね。

 

それにしてもギバちゃん若いなぁ。おれは今のゴマ塩頭のギバちゃんのが好きだけどね。なんか味わい深くていいよね。オールバックの室井さんも好きだけどw