・英会話→み会

本日、家内が用事で実家に帰省しているためこれ以上ないほどの解放感に包まれている!と言いたいところではあるが実際には、モノがどこにあるのかさえ分からず困ることしきり、とほほ。

洗濯でもしようかと思えども洗剤の量をどの程度いれれば良いのかすらわからず結果、近場のラーメン屋で麺をすすって戻ってきて部屋の掃除をしておしまい。

さて今日はレッスンを入れているので少し早めに出るか。

44日目

少し早めにと思ったけどひと駅ダイエットしていたらギリギリだった。あぶねー

レッスンのメンバー

ミノリさん

 タカコさんと3人だと思ったけど、タカコさんは時間をズラしたみたい。ということで2人でのレッスン。このメンバーがいちばん落ち着く。レベルもそんなに変わらないし話が尽きないのでほんとストレス発散にもなる。

先生は、メイソン。

ということでいつものスモールトーク。メイソンはわりと決まった定型文的なスモールトークをするので予想がつく。

「when did you take a lesson last time?」

そうなの、大抵ここから入って2つ、3つ話を進めからレッスンなので本当に楽ちん。
おれはたしか日曜日だったような気がする。マックスのビデオレッスンだったので覚えてる。

ミノリさんは月曜日でショーンのレッスンだった模様。その内容が面白かったらしい。

男性の脳と女性の脳の違いってやつで昔流行った脳内メーカーみたいなのをやったらしい。今の人知ってるかな??

f:id:loanshark:20160912135806g:plain

和尚。の脳内イメージ – 脳内メーカー

これね。ちゃんとリンクしないと怒られちゃうからね。ってことでこんなのをショーン先生とやったみたい。それ俺もやりたい!

この話で10分ほど盛り上がってしまいスモールトークどころかそのままフリートークに突入しそうになったのでメイソンがザクッっと話を遮る。あぶねー。てかそのままトークでも良かったけどw

ってことで仕切り直し、本題。

本日のお題はあの有名ミステリー作家のあの名作を読もう!ってレッスン。せっかくだから題名も作家名も明かさないので下の写真だけで想像してみて^^;

てか俺は作家名も作品も知ってるけど名前だけで実際に読んだことは無い。願わくば映画で見たいところだね。

f:id:loanshark:20161220122438p:plain

 

というか厚さ2センチもある小説をわずか1時間程度で読めるはずも無く、今回は3ページだけという寸止めレッスン。

ミステリー小説って時間つぶしにちょうど良いとか、読みやすいとか言われるらしいんだけど俺には全くそうは思えない。そもそも読解能力が著しく欠如しているため文章の本質を読むことができんのですわ。

ミノリさんは単語力が半端なく英語受験できるんじゃないの?って思うほど単語を知っているのでゴリゴリと読み進んでた。すげーな。

メイソンは空気読むのが上手な先生なので、まず読ませるんだけどその間にカミカミだと長く文章を読ませず一旦切って、そこで意味の把握をするので頭がパンクするギリギリのところでヘルプが入るんだよね。

この辺が年季の入った先生特有のウマさなんだろうね。俺にはとってはとても助かる。

それにしても登場人物が出てくるところだったみたく、一気に登場人物の紹介があるため頭がこんがらがる。。

日本の小説とかだといきなり10人もの登場人物が一斉に出てくることは無いとおもうけど、そこは海外の小説なんで違うのかね?

結構、難しくって3ページのレッスン予定だけど2ページで終わってしまった。機会があったら別のところで続きをやってみたいところ。

今回のレッスンは読解と単語、言い回しなのできになるというか面白い表現だけ先に復習して、時間あるときにゆっくり内容をかみ砕いてみようと思います。

本日のレッスン で学んだこと

his eyes narrowed = 目を細める、集中する、疑う

wait on you = serve you まかりでる

everybody join the chorus = みんな同じ事を言う

mellow out = relax

でもってチャットテーブルにもどるとマサシさんが着席しておりほどなくしてタカコさんがきた。これで一気ににぎやかになるチャットテーブル。

華やかなもんだわ。ショーンがホストなので話題は若干のシモネタ。でも学校じゃないしそれで不機嫌になるメンバーでもないのでさらにチャットテーブルが盛り上がる。

そんなわけで夕方も6時を過ぎてきたことや時間が早い点などを考慮してみんなで呑みに行くことになった。

このメンバーだと俺いまだに最年少なんだよなぁ~w

タカコさんは遅い回のレッスンなのであと合流するらしく、先発隊はミノリさん、マサシさん、俺。

最初のころはシステムとかいろんなことがわからなかったけど仲良くなるのにシステムもルールも関係ないもんね。年齢も職業も違う人たちがここまで仲良くなれるものなんだぁってちょっと感動している。

「ごはんいくー!」

「ごはんいくー!」

「ごはんいくー!」

ってなったりして面白いんですね。これがまさしく

everybody join the chorus

なんだろうねw

 

さてそんなわけで居酒屋でスタートした呑み会ですが毎度、このメンバーで呑む酒はウマい。仕事も年齢も全てバラバラで緩い感じの強制ナシっていう会なので、

きたければ来る、行かないときは沈黙w

ってくらいゆるいのが慣れてくると心地よい。下は20代後半から上は70代までほんとによくまとまってるもんだと思うほど。

こうした会に入れたことは至福の喜びである。

自分はラッキーだといつも思うわ。

ってことでおあとがよろしいようで