読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英会話カフェで映画沈黙が話題に

英会話カフェ

・クラはnight club

昨日は料理の話になってしまってどこが英会話なのかさっぱりわからない感じでしたので本日はちゃんとします。どうもここ最近、目の調子がわるくて参ってる。めまいとは言わないけど、目線がズルぅ~~って右下に泳いだりしてあんまり良くない傾向だ。

そりゃ1日7時間近くモニターみてぱちぱちとキーボードひっぱたいてればそうなることもあるかもだよね。ってことで英会話カフェに出向いてきた。

56日目

時間はわりと早めだったので人はそんなにいないだろうと予想して言ったら案の定、2人でした。

ひとりはよく合うおせちさん。彼女とは本当によく合うね。おそらく週に3日以上は来ているんじゃあないかと思うよ。だってオレがそうだもん。そりゃよく合うよね。ってことであいさつあいさつ。

how are you?

これいつも通り。

話は少し脱線するけどオレが知ってるあいさつは3つ、そのバリエーションを日替わりみたいにつかってる。ほかは

How is it going?

whats up

なんだよね。まぁ少ないと言えば少ないけどこれだけ知ってればとりあえず問題は発生しないことがわかってきた。あとね、ある先生からこんなことも教えてもらった。

「日本の英会話カフェでね、挨拶するときにまずhow are you?ってたずねるの。それでねその人がfine tyank you and you?って答えたら英会話初心者なんだってわかるのよ」

ふ~~ん。そういうもんなんだね。彼女いわく、日本の教科書には昔からそう書いてあるからみんなそのフレーズは知ってるんだよって。

英会話カフェとかレッスンを受けたことがある人ってほとんど、この言い回しを使わないんだってさ。だから、初めて働くところか、チャットテーブルに座った時はまずレベルを確認したいので

how are you?

から始めるのよ。なんだそうだ。

確かに言われてみれば、英会話カフェで上手だなぁって思った人なんかをみていると先生やチャットホストからあいさつをされても、その言い方をしてる人に出会ったことが無いや。

でもって先生にその言い回しが普通なのか質問してみた。

「is it natural?」

すると先生が、

「ummm i do not thinks so. 」

って言ってたから多分、まったく自然じゃないのかもしれないね。もしくはとっても固い表現なのかもしれないと感じた。まぁ言語学者ではないのでこまかいキビまで知ろうと思わない、要するにネイティブワールドではあんまり使わないってことだけわかればOK。

話トンだのでもとにもどしまーす。人の入れ替わりって結構面白くってね、たとえばチャットテーブルに3人のお客さんと1人の先生がいるとします。

新しく1人のお客さんが入るとお客さんの1人が

its about time

なんて言って席を立とうとする。すると

me too

なんていってもう1人も席を立つ、すると最後の1人が

me too

となったりしてチャットテーブルには先生1人なんてことがよくあるんだよね。つまり今日もそういうこと。オレが受付すませてたら、

its time to go

なんていって1人が席を立つ。残ったのはおせちさんだけ。でも彼女はまだ本当に時間ではなかったんだろうね。そのまま残ってあいさつ出来たわけ。それでもって話題は映画。

ラッキー、かなりgood

と思ったけどどうにもわからなかった。新しい映画で良さそうなのが来るんだって?

silence

って言ってたけど全く知らなかった。


映画『沈黙-サイレンス-』アメリカ版予告編

yotubeの一番上に会ったこれだと思うけど、スコセッシ作品なのね。こういう日本を舞台にしたのって話題になるから楽しみだよ。ラストサムライで渡辺謙が有名になったけど、これで窪塚洋介とかが有名になるかもね。

浅野忠信はもうすでにハリウッド映画の常連みたいになってきてるから驚かないけどw

おせちさんの説明によると隠れキリシタンの話みたいだね。

踏み絵とかそういうたぐいのお話なんだろうね、遠藤周作の小説を読んだことが無いので詳しくは分かんないんだけどね。

f:id:soudancorner:20170118144220j:plain

ついでにアマゾンも貼り付けとこw

沈黙 遠藤周作

チャットホストの先生も知ってたし、ダビも知ってたってことは結構有名てこと?
それとも日本にいる外国人にとっては面白い話題ってことなのかなぁ。極東日本にキリスト教を布教するってお話は歴史の教科書で勉強したけども映画になると劇的に何かがかわるのかなぁ。

とはいえスコセッシ映画だからねぇ気になるよね、ばっちりお金掛かってると思うし何よりリアリティにあふれてるんだろうね。

個人的にはディパーテッドとか好きだね。ハリウッド版は大味だなんて言う人もいるけど面白いものは面白いんだからいいんじゃあないの?

ディパーテッド

 途中でおせちさんが説明についてウマく出来なかったのか笑ってしまったのでその後を継いだのがチャットホストのデビット。かれも興味が合ったみたいで説明が完結で撮ってもわかりやすかった。

つまりはキリスト教を広めに来た宣教師が日本で苦悩する話

ってことね。大変にわかりやすいがわかりやす過ぎてなんら伝わってこないよww

それは映画館で観ればいいってことだからきにしなーい。でもってここでおせちさんの時間が来たので退出。デビットとダビとオレというお客さんのが少ない状況。ダビは新しくレッスンプログラムが変更になるのでその調整とか色々と忙しそうにパソコンと格闘してるので空気。

しばらくはデビットと世間話してたんだけど、突然彼が新しいスターウォーズはかなり大人向けの作品に仕上がっててイイよってきりだしてきた。

そこから話題は一気にスターウォーズになる。実はオレ、あんまり興味なんだよ。あの映画。

だって、長いし話題についてこうと思ったら6作もみないといけないんだよ?子供のころとか再放送なんかでみたことはあるけど話が飛んじゃってて和何ないんだわ。だから。

i think story is cheezy

って言ったの。そしたらダビが

「whats!!!」

って会話に参加してきて頭を横に振ってるんさ。だってあれっCGのすごさをみる映画じゃないの?違うの?そんなに混みいったお話だったっけか?

しばらくデビットとダビがアツイ、トークをかわしてるのでオレは聞いてるだけ。ヒアリングってこういう時のためにあるんだと思うから全然、苦にならない。

むしろ、こういう感情的に話し合ってる時の言葉を拾えるような努力をしたいんだよね。だから英会話カフェに通うんだよなぁ。

やっぱり感情的になって話をしてるからお互いにとても早口になってる。いくらスピードを落とさないと言っても、それはカフェ上の問題なんだよね。お互いに話せる人同士だったりすると感情が思いっきり入るからさらにスピードがアップするんだろうね。

素敵★

オレもがんばったらここまでに慣れるんかなぁ、なりたいね。

そんなこんなであっという間に時間が過ぎてしまったので適当なところで帰ってきた。面白い一日だったね。てんきゅう!

本日学んだこと

Do. Or do not. There is no try (たぶんね、早口で聞き取れてないから間違ってるかも)できるかできないか、挑戦は無い
映画のワンシーンで盛り上がってる時の会話なんだけどこんな感じなんでは?

Don’t get cocky 調子にのるな

There’s always a bigger fish. 上には上がある

missionary work 布教活動

 なんだよ、書き出してみれば半分以上がスターウォーズからじゃないかww

最近は夜にのんびりyoutubeで曲流しながらちょびっと一杯やりながらブログ更新するのが楽しくなってきたわ。ちなみにスターウォーズのブログ書いてるんだけど聞いてるのはコレだったりしてww


バック・トゥ・ザ・フューチャーのテーマ Theme from "Back To The Future"