読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しい英会話カフェにチャレンジ

英会話カフェ

・毎日うどんじゃきるです

えー、本日えらく中途半端に出先仕事が終わってしまったため、タカコさんがたまに顔出すという別の英会話カフェに潜入してみようと思います。

もちろん単独では勇気が出ないのでタカコさんがいるのを確認してからですがw

45日目

いつもより若干遠くなるが運動と思えば苦行も楽しくなりますな。

人生も半分を折り返してきたので「徳」でもでてきたか、と自己満足に浸っていたんだが、携帯で時計見てたらどー勘違いしたのか1時間間違えてた、ヤバイ。そこは夕方までしかやっていないのでこのままでは、到着=閉店という事態に。。

ってことでまたもやタクシー。ほんと何やってるんだろう俺わ。

住所を言って到着したのは若者の街、シモキタ。たしかに学生が多いような気がするがこんな早い時間に学生が闊歩しているのもなんか違和感がある、学校ないの?

あらかじめ住所は知っていたのでタクシーおりたらすぐに目的地に到着。しかし、ドアをみて愕然とする。

なんて入りづらいんだ。。

窓が無く、扉にも窓が無いため中が全く見えない。外には看板があり、

英会話

と書かれてはいるがそれ以外の文字は小さいしなんか不安。料金とかも明瞭なんだけどどんな人がいるか、何人くらいいるかもわからないしね。

ってことで1分ほど悩んだ末、ある結論に達する。

(そうだ!タカコさんがいるんじゃん)

てことでリラックスした状態でドアを開ける

 

完全なバーなのね。

 

そう、ここが夕方で終わってしまうのは夜がバーだからなんですね。つまり、営業前の時間だけ英会話カフェになるってこと。

料金は15分で400円という良心的。1時間で1000円ってことだし、15分刻みだから好きな時に帰れるってことでしょう。

と店内にタカコさんの姿を探すが、、、、

 

 

いない・・・

 

ありゃま。まっ人数がそんなに多くないのでいーや。

日本人男性が流暢な英語で話掛けてくれたので挨拶をしてみた。

たいてい、名前と職業と趣味の1つでも言っておけば問題無いのでセオリー通り3つのことを話してみた。

若い女性と妙齢のおばさまと日本人男性と私、あとキッチンに1人ドリンク作ってる人がいるけど見えない。この人数ならそんなに緊張しないですみそうだ。

先生が丁寧に仕切りをしてくれるので楽ちん。

キッチンからスタッフが出てきてドリンクメニューを見せてくれた。

というか、外国人スタッフ。日本語問題無いんでそのまま普通に日本語で注文。

呑みモノも結構あって、チャイなんてものまである。要はミルクティーでしょ?

コーヒーはあまり好きではないのでアイスチャイを頼む。

日本人の先生だと緊張しないのは相変わらずなんだよなぁ。。なんでだろうか?

なーんて思っていたら、その先生、

 

「おれ、仕事あるから帰るわ、チェックしてー」

 

と日本語でキッチンに話をしてる・・・・ってことは、

この人、生徒さんか!?

それにしちゃーウマいな、うらやましいぞ!

先生と生徒を間違えるなんてダメダメだなぁなんて考えてたらドアーが開いてタカコさんが登場。遅いっすよー!緊張したじゃないっすか。。

知り合いもきて、ドリンクもテーブルに届いて、先生も着席してやっとこカフェがスタート♪

先生の名前は看板になったので知っている、コリンね。でもってカフェの中にひときわ大きな英国旗があることから、この先生はイギリスから来たってことがわかりますね 。金田一じゃなくてもわかるわ。

改めて自己紹介をしたらコリンに英語ちょっとほめられた。

感動!

ほめられたことなんてほとんどないよ、今まで。

お世辞でもうれしいわ!通っちゃいそうよ。それまではオーストラリア訛りとか文法が幼稚園児とか単語が無さ過ぎるとか色々と罵倒され続けてきたからね。

シンプルにほめてもらえると感動するよ、いやマジで。

タカコさんもいるので緊張せず楽しめた。

若い女性の子も初めてらしい。あのドアーを良くあけられたもんだと感心してたら、コリンも同じこと言ってた。

「勇気出したね~」

あんまり会話が得意ではないようなのでコリンが日本語を交えながら話をしてる。この人慣れてるな~~。ウマいね。

上目線ってわけじゃないけど2年以上通ってるから何となくわかるようになってきた。

慣れてる先生ってのは生徒の実力を測るのがとてもウマい。

女の子はしきりに

shy

を連発してたけど、シャイな子は独りで英会話カフェに来ないし、窓の無いバーの扉は開けないよww

その子は恵比寿のイタリアンレストランで働いているみたいで話題は食べ物。

 

ヨシ!

 

得意分野だわ。たいていなんとかなるぜい。食べものの話題はおいしいレストランとかおいしい食べ物、あとは料理自体をするかといった三択だからね。

タカコさんはレストランが大好きなんで女の子に色々と質問してる。その関係で話題が尽きることなく続く。これほんと難しいんだよね。おれが彼女を尊敬するのはその辺がとても上手なんだよね。ほんと、彼女がいるとテーブルが華やかになるのよ。

 

ってことであっという間に1時間ちょいが過ぎてしまって閉店のお時間。この後はバーってことだから、時間が許せばそのまま呑み始めてもいいみたい。

今日はこの後予定があるから無理だけど、次回はそんな流れで来てみるかな。

最後に、そこで貰った星座ごとの性格占いが面白かったので載せとくよ

f:id:loanshark:20161220122130p:plain