読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワンコインで英語レッスンはじめました

英語レッスン

・英語教室の今と昔の

えーと英会話レッスンというのをはじめましてね。といっても昨年まで通っていたところでも同様にレッスンを受けてたんですが新しいところに通うようになってからはカフェだけでもいいかなと思うようになってたんです。だってレッスンって思ったより高いイメージがあったんでね。

今の相場は分かりませんが私が始めたころはたしか東京ではグループレッスン1時間3000円が相場でした。つまり2人以上の生徒さんと1人の先生で1時間3000円。塾通いとか駅前留学に比べれば安いのかもしれませんが、週2回ならば月間8回、つまりは24,000円になるわけでね。その他にチャットで1時間1000円と考えるならば毎月のお支払いは30,000円を超えてくるわけですな。

オレは所得が多い方ではないのでこの金額になってくると大好きなお酒を控えたり食べたいものも我慢し財布と相談しなければならなくなるわけね。40歳を超えてそれもどうかと思うけどさ、仕方ないねこればっかりは。

そんなこんなでカフェに通っていたんですけど、ある日ある友人とお酒を呑んでるときにね、

「和尚。ちゃんさ、いまどきグループレッスンで3000円なんてセレブだよ。私行ってるところは1時間で500円でやってるよ。まぁテキスト代とか月謝払ったら500円じゃないんだけどねw」

へー、価格破壊ってそんなに早いスピードで訪れるんだねなんてその時は思ってたのよ。でもよくよく考えたらエっらく安いよねって思いだしてきてさ、その後ラインで連絡したのよ。

「あのサー、この間の安い英語レッスンだけどもう一回詳しく教えてくれない?」

すると既読になったあと4時間ほどしてレスが来た。既読スル―かと思って焦ったよ。

そこには英会話レッスンサイトのURLが書いてありました。要するに自分で調べなさいってことね。まぁそうよね、小学生じゃあるまいし、ましてやIT関係の仕事しているくせに「教えてくん」はヤバいわな。

調べてみると本当にワンレッスン500円だったのよね。ジブン、騙される性格なんでどっかに怪しいところが無いかとか考えちゃって嫌味な人になって考えないと今の世の中危険だからさ、即行動に移さずに調べてたのよ。

たとえばさー、500円だけど15分ですよとか、テキストがめちゃめちゃ高いとか、実はグループレッスンは週に1日しか無くて後は個人レッスンでそれがバカ高いとかね。
今は主流じゃあ無いけど大量のチケット購入すると安くなりますから!なんてのもあったね。某老舗英会話教室なんかはそれで一財産作りだしたわけだけど倒産してたらただの紙くず同然になるわけだしね。(悪口いうのもなんだけどそこは条件下においてチケット使えるみたいね)

でもいくらサイトみてもそんな変な感じはしなかったんでとりあえずホームページに体験レッスンの予約を入れてみたのよ。そしたら、次の日電話がきて素敵なお姉さんの声で

「ご希望のこの時間なら大丈夫ですよ、予約されますか?」

とね。丁寧な応対だったのと電話の後ろでにぎやかな感じだったのでお願いしてみた。でまぁ、行ってきた訳なんだけど体験とはいえテキストは貸してもらえたし普通の授業と同じところに入れてもらえたんで本当に体験することができました。レッスンが終わった後で説明タイムになってね、いろいろとお話をさせてもらう機会があったんだけどもスキームは上手に出来ていたね。

要約すると

・本来の入学金は3万円だけど体験後にすぐ入ってくれるなら1万円

・月額の月謝はレッスン料とは別にかかりますよ

・自動引き落としだけど先に現金で1ヵ月分だか2カ月分を支払うシステム

・固定になるので毎週同じ曜日の同じ時間にレッスンをうける(ただし別途料金を払えば月に2回だったか変更ができる)

だいたいこんな感じかな。どうして安いとかの説明も受けたけどその辺は企業努力だからオープンにしなくてもよいしオレにとっては関係の無いことだからね。その辺をウリにし始めると胡散臭くなるので適当に聞き流した。

お客様第一主義❗️

こんなんサービス業なら当たり前だしお客さんが見えるところに書くものでもないだろう。社訓を店の中に掲げてる店とか社員が社訓入ったユニフォーム着てる飲食店なんかは基本、ナナメ目線で見ちゃうんだわ。

ってことで入学金安かったんでその場で即決して手付金みたいなお金を払ってテキスト貰って帰ってきたわけね。ここまで書くとどこの英会話教室に通ってるかなんてバレちゃいそうだけどさw

ここのところ急成長している感じはしてたしネットとかSNS使って上手に集客しているだけあって活気あって面白いね。別に提灯記事書くつもりはないのでそのレッスンの名前とかは書かないけど新宿とか渋谷にあるから知ってる人も多いかもね。

オレの取ったコースは一番安くて広告なんかでウリにしてる500円全面推しのコース[ワンコインイングリッシュ]なのである程度の制約はあるけど別に不便ではない。実際には月謝があるから1回あたりのレッスンは800円から1000円くらいじゃないかな。それでも安いと思っからはいったの(^^)

そういういきさつで英語レッスンはじめました。

f:id:soudancorner:20170124125559p:plain

テキスト主体で授業していくんだけど前に通っていたレッスンと異なるのはとにかく話をさせられるってこと。だから文法メインとか単語メインなんて考えていると合わないかもね。小説家志望とかTOEIC狙ってるという人はそういうの専門にしている語学教室行けばいいし、クイーンズイングリッシュ習いたければ英国式お教室に行けばいいでしょって感じなんだろうね。

そんなわけでテキストはあるけどあくまで参考であり、授業が良い意味で脱線するんだわ。たとえば、こんな穴あき問題があったとするよね↓

f:id:soudancorner:20170124113905j:plain

時間貰って頑張って埋めていくわけよ。これって中学校とか高校とかで普通にやってる英語の授業と同じよね。辞書ないけど先生が単語の意味とはわからなければ教えてくれるので多いな問題ではない。当然だけど英語で教えてくれるわけなので英英辞書って考えるとわかりやすいかな。

試験ではないので間違っても別にかまわないし間違わないほどパーペキならここに来る必要が無いと思ってるオレにとって、穴あき問題は適当とは言わないけどけっこうリラックスしてやってる。他の生徒さんとか見てるのも面白いしね、人間ってそれぞれクセがあって面白いんだよ。

集中している人ほどクセがある。たとえば無意識に髪の毛をくるくるしたり、利き手と反対の手をリズミカルにトントンして何かを頭から引き出そうとしたりね。後は小さな声でぶつぶつと話してる人もいたね。心理学でも学んでたらもっと掘り下げた考察もできたかもね。

そんな感じで一定時間が経過すると答え合わせになるんだよね。ここからが変わっていてね。まず一気に正解を導きだすわけさ。その行為自体は学校でさんざん経験してるので慣れっこ。でも答え合わせが終わった後に検証時間があるのね。

たとえば

この問題の中で一番興味あった事例はどれ?

ってなります。そこで

女優が結婚してるという噂を否定した

考え無しに適当に答える。沈黙になるくらいならその方が重い空気にならんしね。しかし軽口叩いたことを後悔したよ。

why?

あー、きた。この流れか。って思ったね。他の生徒さんの視線はこっち向きだし、先生はキラキラお目目でこっち見てるしね。考え無しを後悔したよ。で即答出来なかったんだけど少しして

i like gossip story

くるしい感じよね。別にゴシップ好きでも無いんだけどこれしか思いつかなかったし。。。。まぁ返答出来たからこれでクリア!とおもったら違った・・

そしたら昨年、日本で有名なゴシップって何かあった?

多分こんな感じで間違いないと思うけど聞き取りは100%じゃなかった。。てかさー、まだ続くんだって思ったよ。でもこの辺からみんなにも質問している感じになるので負担は減るんだけどねww

今行ってるレッスンクラスはみなさんお若いしシャイではないので質問に対してわりと積極的に会話してくるんですね、これ素晴らしいと思う。というかみんな英語に対して免疫があるみたい。事実、ヒアリングとか上手だし話し方も上手だしね。でもまだ学生とか社会人3年目とかだもんだんぁ。

うらやましいぞオレは。

オレなんか学生自体はバイトばっかりだったての。働いた金で合コン行ったりクラブイベント参加したりとかそんな感じだったね、あとほとんどパチンコかパチスロだった。当時は4号機の走りだったしフルスペックCRも過激で面白かったしね。今言えるのはいっときの快楽ではなくこういうことにお金使っておけばよかったてこと。ホンとに後悔しちゃいそうになるね。ドラえもん呼びたくなるよ。兎に角、今の若い人達はお金の使い方を知ってらっしゃる!

そんな感じで授業は進んでいわけね。家で改めてホームページとか見てたら、

レッスンはお話をさせますよー( ´∀`)

って書いてあったような気がする。単語とか文法も大事だけど、お話が出来ることが一番のポイントでしょ?って考え方なのね、この英語教室も。

たぶんほとんどの教室というか英語ビジネスががそうなってきてるんだろうね。昔から言われてたもんね。

「日本人は13歳から英語学んでるのにどうして話ができないの?」

そりゃ、単語帳と文法をメインに勉強してるわけだからお話ってのは重視されていなかったもん。おれん時はLL教室って言ってたけどテープを聴くって授業はあったがそれとて会話ではないもん。落語聴いてるのと大して変わらんかったしね。

自画自賛になるけどオレの選択は間違っていなかったかなと確信持てたよ。 

今後は英語レッスンの内容も更新していくと思うしね。忘れちゃもったいないのはどっちも一緒だし備忘録をみるとこんなたんがあったなぁなんて思いだせるしね。

 ちょとお酒も入っててほろ酔い気分なんだけどこんな曲が掛かっちゃったらノリノリになってきた。オレの世代はこっちなんだよな。ブルーライトはヨコハマじゃなくてヨコスカね。


Mi-Ke ブルーライト ヨコスカ