読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファッション誌の記事を読み解いてみる

英会話カフェ

・専門語が多くて・・・

ここのところとても忙しくて英会話カフェに通えてないんですTT

本業が忙しいというのは素晴らしいことなんですけど夜まで埋まってしまうのはちょっときついね。ってことで土日とかぐったりしてたんだけど、それじゃまたパチンコ三昧の日々に戻ってしまうかもしれないのでここはちょとやる気を出してスガワラさんに電話する。

「あしたなんですけど、レッスン入れますか?」

和尚。さん最近あんまりこないですねぇw レッスンですか?大丈夫ですよ♪」

あーあー、ぴしゃりと言われちゃったよ。まぁそんな時もあるよ。だって趣味だからね♪ 仕事じゃないから根詰めなくてもいーの!

こんなやりとりを金曜日にして本日、レッスン曜日。

33日目

昼メシ食べた後、ベッドでごろごろしてたら寝ちゃったよ。カミサンから

「今日カフェって言ってなかった?大丈夫なの?」

と言われて飛び起きたって始末。。とほほ。

たるんできたな。

そんなこんなでなんと初の遅刻。。。5分ほど遅れてしまいました。

レッスンメンバー:

ミノリさん

 今日は2人なんですな、さらにバツが悪い。先生は先週に引き続きデリック。

本日のお題はアメリカのファッション雑誌の記事を読みましょう!

f:id:loanshark:20161013152005p:plain

ってことでカラーのテキストが配られました。素敵ね♪

ところが実はこれが大問題!!

ファッション誌の記事だから簡単だろうとおもってたんだけどトンでもなかった・・・むしろ難しすぎて分かんねー。

最初の一文からヤバイ。全く分かんない。

抜粋すると

its barbie adlers job to know what people want when the what is actually a who.

はい?

俺の習った英語の授業じゃこんな文章なかったぜ?たぶん、かなり砕いた表現なんじゃないかと思うんだけどやっべーな、今日。

その後もなんとか読み進んでいくんだけど、ミノリさんもかなり苦戦してるのが見てわかる。デリックは30分過ぎたころに、

「I'm sorry,its too difficult thats my fault.ごめんネ」

最後のゴメンネがかわいすぎてヤバかったね。デリック面白いわ。でも確かに難しいよ。今日のレッスン。

どうも、お金持ちを対象にした出会い系サイトの社長の話みたいなんだけど取材を受けた内容を記事にしている感じなのよ。

なんかキメの細かいサービスを提供するみたいな感じのことが書いてあると思う。そして彼女の得意先はほとんどが男性だけどまれに女性もいて、その人たちがどんな男性をさがしてるのかというと、自分たちと同じクラスの人たちだよって感じの文章みたい。金持ちは金持ちが好きってことだよな。

んでもってそこから先は質疑応答なんだけど、ここでギブアップした。

何年かしてあらためてこのテキストを見返したときに読める日がくるんだろうか??

本日まなんだこと:

devcent = ちゃんとした、綺麗な、きちんとした

tangible = 有形の、触れる

end up = 最後には、結局

intimidation = 脅迫

make sure = 確かめる、手配する

assume = 思いこむ、仮定する

 チャットテーブルでデリックが言っていたんだけど、今回のテキストはデリックの彼女が読んでた雑誌をトイレで見ててこれイケル!って思って用意したんだって。

でも最初のほうしか読んでなかったみたいで2ページ目がこんなに難しいとは思わなくてごめんねって言ってた。

どんまい‼️