読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アリサとジーコ渋谷の激安居酒屋で

酒日記

・激居酒屋でやきとり

アリサとジーコが一時帰国してるんだけど、先日派手に呑み過ぎてアリサが怒ってるようだ。おれとジーコの制御が訊かないのが気に入らんらしい。1年ぶりに会うんだからある程度は許しておくれよ。確かにエビ料理屋でワイン呑み始めて、沖縄料理屋に移動した後、おなべとオカマのいるバーでダーツとカラオケって少しボリュームあり過ぎたと思うけどそれも日本文化をジーコに知ってもらいたいって俺のおもてないの心だとおもって寛大なご処置をw

あと4で帰っちゃうんでもう一回くらい呑みたいなと思ってラインしてみた。そしたら遊び過ぎて手持ちが薄いらしい。これはチャンス!ってことで、

日本にいるんだから俺が払ってやるわい!

と最上級のカッコツケをしたのだがレスってきたのがこれ。

「おまえら呑みすぎると面倒」

おい!ちょ!まてって

そりゃねーだろーよ。1年ぶりなんだからたまには歯目を外したってい―じゃないか。現実的すぎるじゃねーかよ。久しぶりなんだから少しくらい大目に見てよと言うもガンて受け付けない。

女性は

これは、世界中変わんない法則だね。

mom is rule.

でかい声でいいたいけど、厭味全開になるので小さく小さく

どう足掻いてもおれ一人の力ではジーコを夜の街に引きずり込むことが出来ないので、フォースの力を借りることにした。

「ウチのカミサンも行くから」

「ほんと?なら夜遅くならないうちに帰るんならOK」

 

YES!

ありがとうオビワン!

f:id:loanshark:20160823191839j:plain

とはいえ、越えねばならん山がまだ2つほどある。

超えないといけない山1

奢ることをカミさんに伝えて了承もらう

超えないといけない山2

カミサンに来てもらう

山1はすんなりOKがでた、どうやらドングリ山程度の大きさだったようだ。ただしおれのお小遣いの範囲内というリミッター付き。接待交際費という素晴らしい経費はでなかった、仕方あるまい。

山2は険しい。高く鋭利に険しい。実はカミさんのオーケーをもらってないままに話をすすめてしまったのだよ。この状況は最終局面を迎えた商談よりもはるかに高度なテクニックが必要だ。イイかたを間違えればそこで終わりだ。

慎重に考えねばと思ったが、どうせ何言っても見抜かれるから普通に言うことにした。

「あのサー、アリサとジーコがフランスに帰っちゃうから、もう1回呑もうと思うんだけど来てくれない?アリサも会いたがってるし」

「ふーん。」

 

!?

 

(おれの薄っぺらい魂胆などすでに見透かされてしまったのか?てかどっちなんだ?yes/no?)

「これそう?」

最大限の強気を発揮してみたがこれが精一杯だ。本来であれば平身低頭、ひれ伏さねばならんのだが飲み会に誘うのにそこまで自分を下げることはまかりならん。これは男のやせ我慢じゃ!沈黙が永遠に感じるわ、早よ答えんかい!

 

「いーよ」

 

シャーーーーー!

 

快い返事を頂いたので早速、お出かけの準備をする。そして渋谷で合流。ミキさんも合流できるよーってことで5の呑み会が出来上がりますた。

台風ど真ん中なんで空いてるだろうと思いきや、結構混んでるんだよね。待ち合わせ場所が分かんないらしいので下の写メおくった。

f:id:loanshark:20161220123058p:plain

「銀だこの横だから早く来てねー」

ミキさんも合流してきて早くもテンションアゲアゲ♪。

でもって大衆居酒屋にピットイン!ミキさんとジーコは初めてなので自己紹介タイムがスタートする。

なんかミキさんフランス語で流暢にあいさつしてるんだけど?

「え?ミキさん去年行ったヨーロッパ旅行でそこまで仏語話せるようになったの?」

「違うわよ、私大学の第二外国語がフランス語だったから」

まぢ?

おれも二外、フランス語だったけどそんなにしゃべれないよ。

サバ!

しかわからない。。まっそんな感じでスタート。うちのカミサンもご機嫌だし良かった良かった♪

f:id:loanshark:20161220125933p:plain

プライベートあるから顔見せできないけどジーコ格好いいわ。アリサは少しやせちゃったみたいだけどストレスでも抱えてるんかな?もともとモデルの仕事もしていたみたいで細いのは細かったけど前以上に細くないか?おれは心配してるぜ。

ジーコが来年日本で働く準備してるんで彼も日本語が少々イケる口なので楽でーす。でもアリサが英語とフランス語でまくってくるんですごく変なテーブルになってる。

ミキさんもそこにフランス語紛れ込ませてくるんでエライ調子になってる。

ビールが299円と激安なのでジーコとガッバガバ呑んでたら開始40分でイエローカードでたよ。ジーコもカミさんからイエローもらってたね。どこの国でも男性は弱いね(°_°)

会話は英語とフランス語と日本語が入り乱れてて相当おかしなテーブルに見えたんだろう。サラリーマンが時折冷やかし半分で英語で話しかけてくる。ジーコに一生懸命英語で日本の良さとかを教えてくれるんだけど、ジーコがその度に日本語で返答してるのには笑った。

こっちでラーメンばっかりたべてたみたいだけど、焼き鳥とか好きみたいで堪能してもらって何よりだ。でもヤゲン軟骨にはクビをかしげてたよ。

chikin soft born

って説明してみたけど通じなかったよ。後で調べたら

cartilage → 軟骨
だってさ。

調子よくなってまた2人してガンガン呑んでたら、カミサンからゲキアツの視線飛んできた。ミキさん助けて〜!と思ったがその想い虚しなく、

「記憶無くさないようにしなさいよぉ~」

と言われてしまった、おいおい焼け石に水じゃないっすか!

やべー。

また1年後に来ると言っていたけど京都だからなぁ、気軽には会えないな。

ジーコとアリサまた来年、日本においでやす!